子どもの歯を白くする方法

子どもの歯を白くするのもキッズモデルの大切なお仕事ですよ

子どもの歯を白くする

 

子どもの歯、大人に比べて汚れて黄ばんでいる。
と言う事はほとんど無いと思います。
しかし、歯磨きをサボったりしていると歯にどんどん汚れがたまってしまいます

 

小さい頃からきちんと口内ケアをしておきましょう

 

まずは、歯が黄色くなりやすい食べ物を紹介します。

 

歯が黄色くなりやすい食べ物

もちろん、歯を白くするにあたって、とても重要なことがあります。
それは「普段の歯の汚れに気を使う」ということ。

 

だからといって、歯が黄色くなりやすい食べ物全てを断つなんて、そんなことしていたらキリがありませんし、
生きている楽しみがなくなってしまいますよね。

 

ですが、歯が黄色くなりやすい食べ物というものも世の中には存在しているというわけでして・・・。
そもそもどんな食べ物が歯が黄色くなりやすい食べ物なのか。ちょっとチェックしてみることにしましょう。

 

カレー

歯が黄色くなりやすい食べ物として、まずあげられるのが「カレー」です。
聞いたことがある人も多いかもしれませんね。それくらい、カレーは歯を黄色くする食べ物の代表的としてあげられます。
その原因は、カレーに含まれている香辛料・ターメリックが原因。

 

基本的なカレーの色からもイメージできるかと思いますが、そのターメリックが歯に着色してしまうのだそう。
ですがカレーが大好きな人は多く、カレーがあまり好きではない・・・そういう人をあまり聞いたことがありませんよね。
カレーはそれくらい、万人受けする食べ物です。ですからカレーを食べるのを断つというのはとても難しいのではないでしょうか。

 

加工食品(着色料)

また、他の食べ物としては「着色料」があげられます。
着色料単体で食べるということをする人はいないかと思いますが、実は加工食品等にはこの着色料がたくさん含まれています。
加工食品を購入する際に、裏の食べ物の成分表をチェックしてみるとわかりやすいかと思います。

 

実はこの着色料は、わたし達は自然に食べ物と一緒に摂取しているのです。
ではこの着色料により、歯が黄色くなる可能性を防ぐには、どうしたらいいか。やはり着色料が含まれている食べ物を避けるということが一番の
解決法になるというわけですね。

 

しかし、現代人のわたし達はこの着色料の入っていない食べ物を避けるのはとても難しいのではないでしょうか。
それくらい、加工食品には着色料が含まれているものが多いのです。

 

ちょっと着色料の含まれている加工食品を避けるようにして、普段の食べ物に気を使う。
それくらいの改善方法ならできるかと思いますので、まずはこの着色料に関しましては、そういった加工食品を避けて無着色のものを選んでみるとよいかもしれませんね。

 

まとめ

このように、歯が黄色くなりやすい食べ物に関しましては、わたし達の食生活とあまりにも密接しているものが多いのです。
ちょっと避ける努力などはできるかもしれませんが、完璧に断つのは難しいのではないでしょうか。
子どもはコーヒーやタバコでの汚れは無いと思いますが、紅茶は飲む事があるかもしれませんね
歯に色がつきやすい食べ物を食べた後は、スグに歯磨きをする習慣をつけておくのが良いです。
もちろん大人も同じですよ。芸能人の方もちゅらトゥースホワイトニングなどで磨いて白い歯をキープしています。