キッズモデルのダイエットについて

子どものおやつについてキッズモデルにダイエットは必要なのか?

キッズモデルダイエット
キッズモデルを目指したときに、子どもの体型はどれくらい重要だと思いますか?
太っていると受からない?
そんな事は無いですよね。ドラマや映画では色々なキャラクターが必要です

 

とは、言っても子どもの健康の事を第一に考えたら
やはり太りすぎているのはNGです。

 

おやつや間食について、そして子どものダイエットについて考えてみましょう

 

おやつのカロリー

ダイエットのためには、間食を控えることが一番の近道です。でもこの間食を控えることって意外に難しいですよね。今日は思っている以上に高い間食のカロリーとその間食を控えるためにお勧めする方法についてお話します。皆さんは、間食で何を食べていますか?ケーキやおせんべいでしょうか?フルーツを食べる方も多いですね。軽く口にしたキャンディー。それも間食です。
それらのカロリーってどれくらいなのでしょう。
子どもが大好きなおやつのいくつか箇条書きにしてみます

・いちごのショートケーキ354kCal   ・メロンパン400kCal
・アイスクリーム354kCal       ・クリームパン300kCal
・カステラ1切160kCal        ・プリン110kCal
・チョコレート1かけ30kCal      ・ポテトチップス1袋500kCal
・せんべい1枚85kCal         ・かりんとう5本190kCal
・みたらし団子185kCal        ・りんご1個、バナナ1本130kCal

軽く食べた1コが思った以上に高カロリーなことがわかります。しかも間食の悪いところが、中々1コで終われないところです。1つ食べると、満腹にはなれないため、あと1つあと1つとついつい食べてしまうんですよね。

 

そんなダイエットに大敵の間食を控えるにはどのような方法があるのでしょうか。
それは…間食を食べたいと思う気持ちに打ち勝つ強靭な忍耐力!
と言いたいところですが、それは誰しもなかなか難しいものです。

 

ダイエットに大事なリラックス

実はそれとは反対にリラックスすることなのです。
もちろん間食を控えるという強い気持ちは大切ですが、空腹時にはまず気持ちを落ち着かせリラックスすることが大切です。

 

 

空腹感を感じる人の大抵はストレスから「空腹な感じがする」だけで実際にはそうではない人が多いのです。
ストレスを感じた脳が身体をリラックスさせようと、糖分や脂肪分を分解する際に脳内で分泌される依存性のあるリラックス成分を要求してくるのです。

 

そのため、空腹を感じたら、まずは身体をリラックスさせることが重要です。深呼吸をして音楽を聴いてみたり、友達と話をしたりするのも良いでしょうね。
次に、それでもやっぱり何か食べたいと感じたときは、ガムを噛むのが良いでしょう。
人は噛むことで脳から「満腹感」を得られる物質が分泌されるため、口寂しい時にはガムを噛むと効果的です。
また無糖のもので水分補給を行ってみるのも良いでしょう。
そして最後にそれでも我慢できずに間食してしまったとき、間食をした自分を責めすぎないことも大切です。人間のストレスと食欲の繋がりはとても強く、自分を責めてストレスを感じてしまうとさらに食欲を増進する傾向があります。間食をしてしまった時には潔く、自己嫌悪に陥らないようにしましょう。

 

またシンプルに間食を常に見えるようなところにおかないことも大切です。
何かを我慢することはとてもつらいことのように感じますが、習慣化すれば日常に変わります。出来ることから意識して取り組んでみましょう。